アコースティックギターの種類


ギター初心者TOP > ギター基礎知識 > アコースティックギターの種類

アコースティックギターの種類

「どのギターを買ったらいいの?」と
迷っておられる方も多いと思います。

アコースティックギターといっても様々な種類がありますが、
その中でも最も一般的で初心者向けギターをご紹介します。

以下のアコースティックギターの解説をいたしますのでご覧ください。

①フラット・トップ・ギター

フラット・トップ・ギター

一昔前は『フォークギター』と呼ばれていたギターです。

最も一般的なギターですが、
ロック・ポップス・フォーク・ブルースなど、
幅広いジャンルで使用されており、
大変使い勝手の良いギターです。

ギターのボディの部分(ひょうたん型の部分)が
平らな形をしていることから、
フラット・トップ・ギターと呼ばれています。

使用する弦はスチール(鉄製)のものを張るため、
伸びのある音色が出ます。
ボーカルがギターを使いながら歌う場合は、
ほとんどがこのフラットトップギターです。

②クラシック・ギター

クラシック・ギター

クラシックギターは、クラシック音楽に適している
だけでなく、ボサノバ・フラメンコといった
ラテン音楽でもよく使用されています。

ナイロンでできた柔らかい弦を張るため、
初心者の方は指が痛くならない
というメリットがあります。

また、ナイロンでできた弦は優しく繊細な音色が
出るため、クラシックやジャズ、フラメンコといった
細かい音を必要とする曲に向いています。

ちなみに、クラシックギターは別名「ガット・ギター」とも
呼ばれています。
それは、ナイロン弦が「ガット弦」と呼ばれているためです。

③エレクトリック・アコースティック・ギター

エレクトリック・アコースティック・ギター

簡単にご説明すると、アコースティックギターに
ピックアップというマイクがついたギターで、
エレアコとも呼ばれます。

マイクが内蔵されていることによって、
音量が増幅されるため、生音でも十分響きます。

基本的には一般的なアコースティックギターと
変わりませんが、どちらかと言えば、ライブやバンドなどの音楽活動を積極的に行いたいバンドマン用です。

ただし、マイクを通さなければ普通の
アコースティックギターと変わらない機能なので、
いずれはバンドをやりたいという方にはオススメです。

ぜひ、ご自分にあったギター選びの参考にしてみてください。

「せっかくギターを買ったのに、どうやって弾けばいいのかわからない」

という方はこちら

⇒わずか30日でギターが弾ける!初心者向けギター講座



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク