ギターのチューニングについて


ギター初心者TOP > ギター基礎知識 > ギターチューニング

ギターのチューニングって?

チューニングについてご説明をいたします。

初めてギターを手にした方の最初の疑問は、
「ギターのチューニングってどうすればいいの?」ということでしょう。

でもその「チューニング」ってものすごく大事なことだっていいますよね。

たしかにギターにとってチューニングは命です。
チューニングを間違えているとコードもメロディーも正しく奏でることができません。

ギターのチューニングにはいろいろな方法があります。

最近は便利な道具として、チューニングメーターというコンパクトな機械もあります。
チューニングメーターの前でギターの6本の弦を1本ずつ鳴らします。
すると、その弦の音が表示され、どれぐらい音がずれているかメーターで表してくれます。

また、音叉(おんさ)といって、ある一つの音程を鳴らすチューニング道具もあり、
その音程と同じ音程のギターの弦をその音に合わせるというものです。

そのほかにもピアノなどの別の楽器の音でチューニングする方法もあります。

ただ、音叉やピアノの場合は1本の弦をチューニングしたあと、その弦を基に残りの弦をチューニングする必要があります。

ギターのそれぞれの弦は押さえる位置により他の弦の音程と同じになります。
その原理を使って他の弦をチューニングしていき、ギター全体のチューニングを行います。

なさんも正しいチューニング方法を覚えて、ギターライフを楽しんでください。

⇒わずか30日でギターが弾ける!初心者向けギター講座はこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク