フォークギターを練習すると指が痛い!


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

フォークギターを練習すると指が痛い!

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

今回はフォークギターの練習で出てくる壁を
乗り越えるための方法を紹介します。

あなたはフォークギターの練習でコードを弾く時に、
「力を入れすぎて指が痛くなった。」という経験はないでしょうか。

私もギターの練習を始めて間もないころは、
ギターのコードを押える時に指が痛くなったものです。

ギターの練習では誰もが通る道なんですね。

でも指が痛いのを忘れるほど、夢中で音を鳴らしていました(笑)

まずギター初心者の方が最初に突き当たる壁が、
指先が痛くてコードが弾けないということだと思います。

ギターを弾き始めたばかりの方の指先はやわらかいので、
ピンと張ってあるフォークギターの弦を抑えるときに
かなりの力が必要になります。

もちろんギターを始めたばかりで
力の加減が難しいというのもあるでしょう。

でも指が痛いのはほんの少しの間だけで、
やっていくうちにだんだん指先が硬くなっていきます。

たとえば、テニスをするときにラケットを使いますよね。

ラケットを振るときに、始めのうちは手にまめなどができて
痛いものです。

しかし長く続けていくと、手のひらの皮が厚くなって
丈夫になってきます。

ギターを弾くときの指先はラケットを握るほど豆ができたりする
というものではなく、ただ痛くなるだけです。

ですので、「少し休んでまた再開」を繰り返していくうちに
指先がだんだん硬くなっていくのです。

もちろん指先の外見の変化はありません。

指先が硬くなれば、後はコードの押え方だけに集中して
音色を奏でればよいのでよりギターを弾くことが楽しくなります。

今の私の指先はカチンカチンです。

すでに指先に痛みなんてなく、
ギターを弾くのが楽しくて仕方がありません(笑)

もし機会があれば、ギターが上手な方の指先を触ってみてください。

指先の硬さに驚くことでしょう。

もしあなたが指が痛いと悩んでいるのなら、休みながらでも構いません。

少しずつでもギターを弾くのを続けることで、
だんだん痛かった指先が、いい音色を奏でる指先に変わっていくのです。


♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて