フォークギターで身に付く絶対音感


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギターで身に付く絶対音感

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

皆さん、『絶対音感』という言葉を耳にすることはあると思います。

絶対音感とは、耳に入ってくる音をすべてドレミで
表現することができる能力のことをいいます。

大変すばらしい能力だと思いますし、
楽器の練習にはとても有利だと思います。

この絶対音感ですが、
ギターの練習の中にもこれと似たようなことがあるのです。

どういうことかといいますと、ギターを何度となく弾いていると、
同じ音を耳にします。

コードで引いたときの音が同じなのはよくあることですが、
アルペジオ(今回のメルマガの「今日のお悩み」をご覧ください)
でギターを弾いたときにも同じ音を聞いたと感じることがあります。

この感じをずっと続けていると、
「このフレットを押えると、この音が出るのか」と気づきます。

そしてこの音を出したいからこのフレットを押えて弾くという
形に変わってきます。

つまり、ギターのどこを押えればどの音が出るのかを
把握できるようになるのです。

ここが絶対音感に近い部分です。

この力が身に付くとまず、ギターの練習前のチューニングをするときに
チューニングが楽になります。

そしてさらに、曲を聴いただけで、どう弾けばわかるようになります。

楽譜がなくても曲を弾くことができるようになるのです。

いわゆる『耳コピ』というものです。

ですから、プロのギタリストは、他のギタリストの方とセッションを
するときに、簡単な曲であれば練習をしません。

その場で耳コピをします。

そしてお互いの曲をセッションして楽しんでいます。

難しい曲も、録音したりして何度か聞いて練習すると
弾けるようになります。

ギターは必ず楽譜のとおりに弾かなければいけないということはなく、
その曲に近い音をひき、リズムとあっていれば問題ないのです。

プロのミュージシャンも、同じ曲をライブなどで弾くときに、
毎回違う音を弾くということがよくあります。

その時々でアレンジを加えているんです。

やっぱり毎回同じだと、弾く側も聞く側も楽しくないですからね。

楽しんで弾くからギターはおもしろいのです。


♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて