ギターコードの練習


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギターコードの練習

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

今回はギターの基本である、ギターコードについて
お話をしていこうと思います。

皆さんはご存知かもしれませんが、コードとは『和音』のことです。

和音とは、いくつかの音を同時に出すことです。

少し簡単に説明しましょう。

ギターには6本の弦がありますよね。

左手で弦を押さえて、右手のピックで
弦すべてを縦に勢い良く弾くと音が出ます。

この時に、コードの種類によって左手は押える場所が違います。

これがコードです。

コードはギターの基本のようなものですから、
これを避けて通ることはできません。

初めて僕のところにギターを習いに来る生徒さんは、よく、
『コードとは何ぞや?』と不思議な顔をされます(笑)

でも、習うより慣れろで、いつも簡単な曲を使いながら
コードを練習するところから始めます。

でも初心者の方は、この『コードを弾く』ということが
なかなか難しいものですよね。

おそらく、どなたも最初に取り組むのが『C』のコードでしょう。

でも、この『C』のコードは、何種類か押え方があります。

簡単な押さえ方から始めたら、その日に弾けちゃうんですが、
知らないといきなり指3本を使って弦を押さえようとします。

だって、基本がそれですから。

基本的には5弦の3フレット目と、4弦の2フレット目と、
2弦の1フレット目を押えて弾きます。

すると、初めは押えるだけでも苦労しますよね。

初めて弾くときは、左手の指を
1つ1つ弦に当てていくだけでも大変だと思います。

しかし、きれいな音が出なくても、
きっとギターから何かしら音が出ているはず。

ここがギターの良いところで、とにかく弾けば音が出る!

きっとあなたも弾いてみたなら、楽しくて
しばらくはギターに熱中してしまうことと思います。

それがもっと簡単なコードなら尚更ですよね。

ただ、この『C』というコードは、
基本バージョンでも、慣れると実はとても簡単なコードなのです。

なぜかというと、普通にネックを握るだけで
『C』の形になるからです。

ですから、ちょっとギターに慣れている方なら
ギターを持った時に自然と『C』のコードを押さえる方が多いです。

それだけ多用するし、主要なコードだということですね。

『C』に慣れると、今度は『G』のコードを練習してみましょう。

『G』のコードは6弦の3フレット目、5弦の2フレット目、
1弦の3フレット目を押えるコードです。

この『G』のコードが結構曲者で、初心者の方には、
小指で1弦の3フレット目を押えるのが至難だと思います。

これも、実はもっと簡単なコードもあるのですが・・・。

ただ、弾けなくても開き直って、
「小指は押さえれんでもええわ。そのうちできるようになるやろ。」
と思って、とにかくジャカジャカ。カッコつけてみましょう(笑)

そのうち気付いたら弾けてます。

『G』のコードが弾けるようになると今度は
『C』のコードから『G』のコードへのコードチェンジを練習。

ここでまた試練が訪れます。

ギター初心者の指が、思った通りに移動してくれるはずもありません。

当然、ガチガチのカクカクの指になってしまいます。

でも、これさえ克服すれば、曲を弾くことができるようになるのです。

練習しているとだんだん慣れてきて、少しずつ
コードチェンジのタイミングが早くなっていきます。

そして練習すればするほどコードチェンジのスピードがアップして、
弾く曲に違和感がなくなります。

ギターは、コード単体を覚えることよりも、
このコードチェンジをいかにスムーズにするか、ということが
とても重要です。

そして、このコードチェンジにもコツがあります。

後は、コードを覚えてコードチェンジを繰り返す作業です。

初心者の方が覚えるコードは
『C』『G』『A』『Am』『D』『Dm』『F』『E』『Em』
くらいで十分です。

この数種類のコードを覚えたら、これらのコードを使って
色々な曲を弾いてみてください。

これらのコードだけで弾ける曲はたくさんあります。

簡単な曲でコードチェンジを練習するのも良いかもしれませんね。

そこでちょっと宣伝させてください(笑)

私の監修した「30日でマスターするギター講座」には
簡単にコードを弾ける方法を収録しています。

コードは曲を使って覚えるのが一番です。

ですから、簡易版の初心者でもその日に押さえられるようになる
コードを使って、いきなり曲を弾いていきます。

これが楽しいんですね。

そしてある程度自信が付いたら、本格的なコードに挑戦です。

コードチェンジのコツも詳しく解説しています。
また、難関Fのコードも弾きやすくポイントを解説しています。

話がそれたので、元に戻しますが。

コードはたくさんありますが、そのすべてをいきなり
覚える必要はありません。

難しいコードでも、簡単なコードに置き換えて弾くこともできます。

コード練習をがんばれば、弾き語りも自由にできるようになります。

いろんな曲を弾いて、歌って、とても楽しくなります。

ぜひがんばって練習してみてください。


♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて