ギターの弦を張替えるときの注意点


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギター弦の張替えでの注意点

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

ギターを弾いている以上避けて通れないことがあります。

それは弦の張替えです。

私が教えている生徒さんも

「ギターの弦が切れたんですけど、
どうやって張替えたらいいんですか」

という質問をよくされます。

こういうときはやっぱりお手本を見せてあげるのが一番。

私がまず張替えのお手本を見せてあげるので、
後にづづいて生徒さんが弦を張替えます。

ここで疑問に思った方、するどいですねえ(笑)

「なんで先生と生徒さんでギターの弦を張替えるの?2本切れたの?」

と思われたかもしれません。

本来、ギターの弦というのは一本の弦が切れた場合、
すべての弦を変えなくてはいけないのです。

なぜかと申しますと、弦は使っているうちに徐々に伸びてきます。

そうなると音がだんだん伸びなくなり、響かなくなるのです。
そして音程も微妙に変わってきます。

そこに新しい良く響く弦を加えると、
新しく加えた弦だけが特別な音になります。

弾いている曲に違和感が出てくるんですねえ。

だから、弦は一本が切れたらすべてを変えないといけないんです。

プロのギタリストは、一本切れたらすべて張替えます。

その他にも、ギターを演奏をした後は必ず弦を緩めます。

これはギターの弦を長持ちさせ、
常にいい音を奏でられるようにするためです。

そして布できれいに弦を拭いておきます。

これはギターを弾いた後、弦に手垢や汗が付いて錆びるのを
防ぐためです。

さらにギターを大切にする方は、
弦をすべてはずして、ヘッドやサウンドホールなどの埃を
きれいにふき取ったりしています。

ギターを大切にしていれば、ギターは音で答えてくれるのです。

もし初心者の方で、趣味程度にギターを弾かれていて、
そこまでこだわりは無いよ・・・という方は。

全ての弦を変えなくても良いです。

あくまでもその方が違和感がないということですので、
「まだそこまでは・・・」と思われたなら切れたものから
張替えていきましょう。

弦が切れるたびに新しいものを買っていては
お金がもったいないですしね(笑)

楽器店に行けば、一本単位で弦が売っていますので、
そちらを購入されてはいかがでしょうか。

最後にポイントですが、弦の張り方によっても
ギターの音が変わってきますよ。

地味に思えますが、弦の張替えも
ギターを楽しむ大事な要素です。

まずは楽器屋さんで張替えてもらって、その工程を
観察したり、教えてもらうと良いでしょう。


♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク