ギターの選び方は上達を左右する!?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギターの選び方は上達を左右する!?

こんにちは!
ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

今回のテーマは

『ギターの選び方は上達を左右する!?』です。

あなたはどんなギターを使って練習をされていますか?

押入れの掃除をしていて発見したクラッシックギター、
ギター演奏に突然目覚め、急いで買いに走った新品ギターなど、
人それぞれですよね。

そんなギターですが、
初心者の方にとって一番いいのはどんなギターなのでしょうか?

「どんなもこんなも、
  ギターの種類ってそんなに色々あるの?」

という方もいらっしゃるでしょう。

なので、まずはどのようなギターがあるのかをご紹介しますね。

一口にギターと言っても、値段も様々ですよね。

私も楽器店に立ち寄ったときには、
試しにギターを弾かせてもらうのですが、

「おっ、これはいい音がするギターだなあ」

と思って価格を見ると、
やっぱり高いものだったということがあります。

もちろん価格が高いギター全てが
いい音というわけではありません。

実際に弾いてみないと分からない、というのも否めません。

安くても良い音を出すギターもありますし。

いずれにせよ、ギターの価格は単純ではなく
いろんな要因によって変化します。

なので、あくまでも一つの判断基準なのですが
例えばギターが作られている材質。

手に入りにくい木材(レアウッド)で作られていたり、
ギター1本の全てが一個人の手によって作られていたり。

有名人が使用していたということで
プレミアが付いているギターなども高価です。

ジョン・レノンの使用していたギターは、
レプリカであっても160万円するものもあります。

私の知り合いには、自分で弾けないのに、
値段の高いギターをコレクションしている方もいらっしゃいます。

ギターはインテリアとしても楽しめますからね。

このようなことから、ギター選びは年齢や収入によっても
変わってくると思います。

学生や、新社会人など、若い方は価格の高いギターを
買うのは少し難しいかもしれません。

新品のギターで低価格のものがおすすめです。

もし近所に中古の楽器店があるのであれば、
そちらで中古ギターを購入されるのもいいかもしれません。

しかしここで注意していただきたいことがあります。

それは、中古ギターは実際にお手にとって確認をし、
納得された上で購入されるのが良いということです。

まれではありますが、状態が良くないものがあります。

例えば、サウンドホールから異臭がしたり、
ギターのネックが曲がっているといった場合があります。

ですから、初心者の方が中古ギターを買われる際は、
ギターに関する知識や経験を持った方と同伴で
買われることをお勧めします。

また、年配の方など、ある程度お金に自由が利くといわれる方は、
あえて価格の高いギターを購入されるのも良いかと思います。

価格の高いギターを買うことで、

「高いギターを買ったのだから、きちんと練習をしなくては」

など、ギターに対する思い入れや
意気込みが強くなる場合があるからです。

それに、価格の高いギターを購入すると、
ギターが傷つかないよう大切に扱いますからね。

もし価格の安いギターを買って練習をされていても、
ギターを弾き比べることで音の区別がつくようになってきます。

あなたもいずれはいい音がする、
価格の高いギターを買われるようになります。

私なんて、違うギターを弾いたら最後、
どうしても新しいギターが欲しくなってしまいます(笑)

逆に、音の良くないギターで練習をすると
気持ちやテンションが上がりにくく、
ギターの練習が億劫になることもあります。

ですからギターの選び方によっては、
あなたのギター上達を左右する場合もあるのです。

♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク