フォークギター練習を楽しくするコードとは!?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギター練習を楽しくするコードとは!?

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

あなたは楽譜を弾いているときに知らないギターコードで、
立ち止まったことはありませんか?

好きな曲の楽譜を買ってきて、

「よし!!これから大好きな〇〇の曲を練習するぞ!!」

意気込みはバッチリですよね。

このときは大好きな曲を弾いている自分を想像して、
楽しいばかり。

まさにルンルン気分です(笑)

そうしていざ練習。

『C』、『Dm』、『G』、『Am』・・・・

知っているギターコードばかりで「これなら弾ける!」と、
気分良く弾いていきます。

しかし曲がサビに入ったその瞬間!!

『C#m7』、『G#m7』・・・???

「なっ!なんだこのコード?」

これからさらに気分良くサビを弾こうと思っていたのに、
知らないギターコードが出てきてちょっと中断。

ギターコード表でわからないコードを調べます。

ところが、バレーコードとわかった時点で
モチベーションは半減します。

(※バレーコード = Fなどに代表される、人差し指をペタっと
            寝かせて複数の弦を押さえるコード)

ギターに慣れている方なら
これらのコードはよくご存知かと思います。

しかし『F』のコードを弾くことが難しい
ギター初心者の方にとっては未知の領域です。

もし楽譜に『Gmaj7』や『G7sus4』などがでてきたら
初心者の方にはわからなくてさらに手に負えません。

これが初心者がギター練習をやめる原因の一つでもあります。

でもちょっと待ってください。諦めるのはまだ早いです!

ギターコードはコード表に記してあるとおりに
弾かなくてはいけないということはありません。

例えば先ほど記した『C#m』ですが、

このコードは4フレット目のすべて弦を人差し指で押さえ、
中指で5フレット目の2弦と6フレット目の4弦を押えます。

しかし人差し指ですべての弦を押えなくても
弾くことができるのです。

それは人差し指で4フレット目の3弦と1弦を押さえて、
中指で5フレット目の2弦と6フレット目の4弦を押える方法です。

この時6弦と5弦は弾かないようにしてください。

こうすれば、少し練習するだけで抑えることができ、
慣れればネックを軽く握るだけで
弾くことができるコードになります。

『G#m7』についても同じで、コード表には人差し指で
4フレット目の6本の弦すべてを抑えるようになっています。

しかし、4フレット目の1、2、3、4弦と6フレット目の
5弦を押さえて、6弦は弾かない方法で弾くことができます。

このように、難しいコードであればこれらの方法を使って
簡単にすればいいのです。

自分の押さえやすいようにコードをアレンジしましょう。

そうすることで、自分の大好きな曲を最後まで
楽しく上手に弾くことができますよ。

♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク