ギター演奏でのリズミカルなミュート方法


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギター演奏でのリズミカルなミュート方法

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

あなたはミュートという言葉をご存知でしょうか。

ミュートとは、音を切るときに使われる方法で、
弾いている曲に抑揚(よくよう)を付けるものです。

抑揚とは、曲にイントネーションを与え、音楽の
調子を上げたり下げたり、また強めたり弱めたりすることです。

弾いている曲の途中でミュートをすることによって、
曲にリズム感を持たせることができます。

もしご存じない方は、ミュートに関することが書いてあるので、
わたしのメルマガのバックナンバーをお読みください。

メルマガバックナンバー

⇒ 『カッティング、ミュートって何ですか』

ギター初心者の方はコードを練習するときに、
きれいに音をだそうします。

そして、きちんと音が出ていないと、
きちんと弾けていないと思ってしまう場合があります。

しかし、音をださない演奏方法を意図的に
創りだすことも、ギターの演奏の中にはあるのです。

それがミュートをうまく使うということですね。

ミュートをうまく使うことが出来れば、ギターの音が、
パーカッションを取り入れたような音になります。

そして、ギターと歌い手のようなデュオ演奏の時にも、
ギター、歌い手共に楽しい曲になります。

パーカッションとは、一般的にはドラムやシンバル、
カスタネットなど、打楽器の総称のことです。

これはある手法で、ギターにも取り入れることができるのです。

ある方法とは、右手で握りこぶしを作って、
弦の上を叩く事で打楽器のような音を作り出す方法です。

「握りこぶしで弦の上を叩く?」

ちょっと不思議に思われるかもしれませんね。

例えば、アルペジオ演奏の時、
親指はベース音である6,5,4弦のどれか、
人差し指は3弦、中指は2弦、薬指は1弦に指を合わせますよね。

その時の右腕は、ちょうど軽く握った拳のような形になります。

この握りこぶしで、弦の上を叩いてみましょう。

「コツン」と音がしますよね。

音がしない方はサウンドホールの
少し下側に手を合わせてみてください。

薬指あたりが、ギターの腹(木の部分)に
当たるようになると思います。

その後アルペジオで合わせた指のすべての指で
弦をひっかいて音を出します。

そしてまた握りこぶしで弦の上を叩く。

弦をひっかく。

叩く。

これを繰り返すと、リズム感のある音が出るようになります。

左手はコードを押さえていただければ結構です。

このように、ミュートなど、ギターを打楽器として使うことで、
また違った音やリズムを作り出すことができます。

ぜひ、リズミカルなミュート演奏で
ギターを楽しんでみてくださいね。

♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて