難関!ギターコード「F」の攻略法


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

難関!ギターコード「F」の攻略法

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

「先生!どうしても「F」のコードを弾くことができません!」

私の生徒さんからよく聞く言葉です。

ギター初心者にとって一番難易度が高く、
最初の難関であるといっともいい「F」のコード。

誰もが苦戦するコードですよね。

そんな「F」のコードがなぜ弾きにくいのか
ちょっと項目で挙げてみました。

・人差し指で6弦すべてを押さえる。

・人差し指は伸ばしたまま、中指と薬指と小指を折り曲げる。

・手首を返さなくてはいけないため、手首に負担がかかりやすい。

・力を入れて弦を抑えるので、指先が痛くなる。

このように、「F」のコードは
他と比べて負担が多いコードです。

しかし、必ずできるようになるコードなので
諦めずにチャレンジしていきましょう!

そこで、この「F」のコードの練習のコツをお伝えします。

今から書く3つのコツを知るだけで
もしかしたら難関Fがクリアできるかもしれません。

ギター初心者の方は参考になさってくださいね。

まず、知っていただきたいのは
ギター初心者の方はまだ練習量が少なく、
人差し指の皮が固くないということ。

ですから、人差し指で6弦すべてを抑えたとき、
指が痛くなって、きちんと押えられないこともあります。

ですが、ギターに慣れていくと、
人差し指の皮が硬くなっていきます。

何度も弦を押さえているからですね。

人差し指の内側の皮が硬くなってくると、
簡単に6弦全てを押さえることができるようになります。

なので、「弾けないから弾かない」というのはナシです(笑)

弾けなくても、とりあえず弾こうとしてみる。

そうすれば皮が硬くなっていき、押さえやすい指になります。

コツその1は、
『弾けなくても弾こうとしてみること』

次に指の形を見てみます。

「F」のコードを押さえるとき、
中指と薬指と小指が折れ曲がった形になっています。

すると中指と薬指と小指に力が分散されるため、
人差し指に力が入りません。

なので、6弦全てを押さえることが難しくなります。

これを克服するには、親指と人差し指で
ネックを挟み込むための握力が必要になってきます。

しっかりと指を鍛えるために、中指、薬指、
小指は押えないで、親指と人差し指で弦とネックを挟む
練習をするとよいでしょう。

コツその2は、
『親指と人差指でネックを挟む練習をしてみる』

そして最後に。

「F」のコードは人差し指を縦に伸ばすので、
手首をぐっと折り曲げて弦を抑えなくてはいけません。

なれないうちは手首に負担がかかり、
弾きにくいかもしれません。

少しでも楽にするために、2つ意識してみてください。

一つは、左肩をグッと下げて弾くということです。

肩を下げると、腕が長くなるので余裕ができ
手首の負担が減ります。

もうひとつは、ギターのヘッド部を
少し上にもち上げるということです。

この方法でも手首の負担が減って、
「F」のコードが押さえやすくなると思います。

つまり、コツその3は
『肩を下げてヘッドを持ち上げてみる』

これらのことに気をつけて練習をすると、
「F」のコードをマスターすることができると思います。

で、ここで少しご紹介なのですが(笑)

私の監修しているギター講座では、このFを代表する
『バレーコード』と言われる

人差し指をベタっと弾くコードのコツをもっと分かりやすく
解説しています。

文字だと伝えられないコツも、動画なら
見てすぐ分かります。

実は、今回ご紹介したコツにもう一つ、
「あー、それ知りたかった!!」と思うコツがあるんです。

ぜひ一度ご覧になってみてください。

♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて