ギター初心者でも人前で緊張しない方法とは?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

初心者でも人前で緊張しない方法とは?

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

もうすぐクリスマスがやってきますね!

クリスマスには人前でギターを弾く方も
多くいらっしゃると思います。

子供さんにギターを弾いて聞かせるお父さんや、
クリスマスコンサートでギターを演奏する方など、様々です。

でも人前でギターを弾くことはとても緊張しますよね。

緊張すると上手にギターを
弾けないという方も多いと思います。

そこで今回は

「人前で緊張しないギター演奏方法」をお伝えします。

私の生徒さんに、ギターを始めて2ヶ月の
初心者のお父さんがいらっしゃいます。

その方はクリスマスに

『二人の子供さんと奥様にギター演奏をプレゼントする』

という目標でギター練習を頑張っておられます。

すごく温かみを感じる目標です。

その方はとても上達が早くて、
ギターを弾くだけなら自信があるようでした。

しかし彼は、一つだけ心配があるとのこと。

それは、初めて人にギターを弾いて聴かせるので、
緊張して上手に弾けるかどうか、ということでした。

一方で私のギター教室を卒業された方達が、
よくステージでギターを演奏しておられます。

その方たちも、大人数の前で演奏するのは
緊張するとおっしゃいます。

何年もギターを弾いていて慣れている方であれば、
自分の演奏に自信をもっているので、
あまり緊張せずにギターを弾くことができるでしょう。

しかし初心者の方はそうは行きません。

経験が少なく、ギター演奏に
自信が持てない方もいらっしゃいます。

ではどうすれば緊張しないで演奏できるのでしょう。

それは、失敗してもいいから、
ギターを楽しく弾くということです。

ギターは綺麗な音を鳴らさずに、
ミュート(弦を押さえて音が響かないようにする演奏法)
で弾くという演奏法もあります。

ですからきれいな音が鳴っていなくても
コードの形さえ押えられていれば、
音が合っていないということは少ないのです。

また、緊張するとステージで演奏している際に、
リズムが合わなくなってしまうという方も多いです。

コードやアルペジオを弾くことに集中しすぎて、
リズムやテンポを合わせることを忘れてしまうんですね。

リズムやテンポが合っていないと、
少し演奏が早かったり遅かったりして、
曲に違和感が生まれます。

ですから、コードを押さえることよりも
曲に合わせたリズムで楽しく弾くほうが
違和感なく演奏できるのです。

リズムにあった演奏をしていると、
演奏を聞いている人はミスに気づかないものです。

ギターを人前で弾くときには、まず自分が楽しんで、
リズムとテンポに沿った演奏を心がけましょう。

そうすれば自然と緊張は消えていますよ。

♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク