ギターのコードネーム、m7って何?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギターのコードネーム、m7って何?

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

ギター練習にギターコードは欠かせないものです。

私が指導させていただいているギター教室でも
必ず、ギターコードの練習をします。

楽譜を見ると、『C』や『Cm7』、『Csus4』など
いろんなものがありますよね。

これらのギターコードの表記にはそれぞれ意味があります。

そしてその意味に基づいて、『C』や『Cm7』、『Csus4』
などの表記になっています。

今回はそんなギターコードの構成について
『Cm7』を例にあげてお話ししたいと思います。

上記に上げたコード

『C』、『Cm7』、『Csusu4』などの
表示をコードネームと呼びます。

これはピアノの楽譜にも同じ表記がありますよね。

コードネームのベース音(ルートと呼びます)
は次のようになります。

『D』="レ"、『E』="ミ"、『F』="ファ"、
『G』="ソ"、『B』="シ"、『C』="ド"

約束事として、和音はルート音から数えて
3番目と5番目の音を加えます。

ですからコード『C』は、

『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド』

の3番目と5番目で、『ド、ミ、ソ』となります。

コードネームは最初に
上記の英単語の大文字から始まります。

そしてその後に『m7』などの表記が加わったりします。

ではこの『m7』にはどういった意味があるのでしょうか。

『m7』の『m』は「マイナー」と読みます。

「マイナー」は3番目の音を半音下げるという意味で、
寂しい感じの音になります。

3番目とは、例えばコード『C』のルート音は『ド』なので、
『ド、レ、ミ、ファ・・・』の『ミ』の音になります。

ですから『ミ』を半音下げて、『ミ♭』になります。

『m7』の『7』はルート音から数えて7番目の音を
半音下げたものを加えるという意味になります。

コード『C』のルート音は『ド』なので、
7番目の音は『シ』になります。

これを半音下げた『シ♭』を、
4つ目に加えることになります。

つまり、『Cm7』は『ド、ミ♭、ソ、シ♭』の和音になります。

難しいですよね。

今回はコード『C』について定義してお話をしましたが、
他のルート音になるとさらに複雑になります。

『短三度』、『完全五度』などギター初心者の方には
難しいいろいろな法則があります。

ですから、ここでの紹介は避けておきます。

これらのようなギターコードの構成を知らないと、
ギターの練習ができないということはありません。

ギターコードそれぞれの押さえる指を覚えておけば、
ギターを弾くことはできます。

ちょっと難しいので今回の内容は頭の片隅にでも
置いておいていただければいいかと思います。

ギターを弾くことに慣れてきたら、
覚えるのがいいかもしれませんね。

これを知っていればギターコード表を見なくても、
押さえる弦の位置が分かるようになりますよ。


♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク