ネックの種類で変わるギターの弾きやすさ


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ネックの種類で変わるギターの弾きやすさ

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

いろいろなギターを弾いていると、そのギターの特徴や、
弾きやすさ、弾きにくさというものが分かってくるものです。

特にそれを実感するのが、エレキギターを弾いた後に
アコースティックギターを弾いた時です。

この2つは同じギターでも全く別物として考えていいと思います。

というのが、エレキギターを持ったときは
ずっしりとした重量感を感じます。

一方アコースティックギターは、ボディの中身が
空洞なこともあり、持った時に軽量感を感じます。

しかし、エレキギターは電子ギター、
アコースティックギターはアナログギターです。

ですから弾きやすさの違いはあって当然です。

では、同じアコースティックギターではどうでしょう。

アコースティックギターによって、
弾きやすさ、弾きにくさの違いはあるのでしょうか。

アコースティックギターには
メーカーや作られた年代によって形に違いがあります。

そしてその形の違いによってギターの弾きやすさに
大きな違いが出てきます。

特にギターのネックの形の違いは、
ギターの弾き方や上達に影響が出てきます。

そこで今回は

『ネックの種類で変わるギターの弾きやすさ』

というタイトルで、ネックの形の違いが、
ギターの弾き方や上達にどれほど関わってくるのかをお伝えします。

あなたはネックには、
ギターによって形がちがうことをご存知でしょうか。

ギターのネックの形には大きく分けて、

『U字型』と『V字型』があります。

それぞれの形をご紹介しますね。

◯U字型ネック

ネックの断面図が台形に近い形をしたネック。

ネックを握ったときに違和感が少なく、
スムーズにギターを弾くことができる。

◯V字型ネック

ネックの断面図が三角に近い形をしたネック。

始めは多少違和感があるが、
慣れるとコードが押さえやすい。

親指で低音弦(6弦や5弦)を押さえたりする、
高度なテクニックがしやすい。

最近のギターにはU字型のネックが多く取り入れられていますが、
ギターによってはネックの幅などに差があります。

ですから、ギター初心者の方が練習をするときに、

『ネックが大きすぎてギターコードを押さえることができない』

といった問題も出てきます。

フォークギターなどではネックが細いので、
このようなことは起きにくいかもしれません。

しかし、クラシックギターはフォークギターよりも
ネックが太い創りになっています。

ですから、ネックの形状や種類によっては、
全くギターの練習ができないといったことにもなりかねません。

ギター購入の際には、ギターを抱えてみて、
自分の手に一番フィットするギターを選ぶのがいいでしょう。

特に、ネックの部分を持ったとき、
自分の手にフィットする感覚があります。

ちょっとその感覚がわからないという方は、
クラシックギターで練習したあと、
フォークギターで練習をしてみてください。

クラシックギターのネックはフォークギターよりも太く、
木材の材質も異なります。

ですから、フォークギターに持ち替えたとき、
ネックの細さや握り具合にフィット感を感じます。

ギター初心者の方で、ネックのフィット感を
はじめて体験すると、感動することもあります。

そして、ギター上達のモチベーションアップにも
なるので、さらなるギター上達が望めます。

ぜひ、楽器店などでいろいろなギターを弾き比べて、
感触を確かめてみてはいかがでしょうか。

それによって、さらにギターの魅力を感じることができますよ。

♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク