ギターの弦を弾く位置で音色が変わる!?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギターコラムバックナンバー > ギターコラム

ギターの弦を弾く位置で音色が変わる!?

こんにちは!

ギタリストの古川忠義です。

今日もギターライフを楽しんでいらっしゃいますか?

ギター教室の生徒さんから、
こんな一言がありました。

「先生!このアコギの音をもっと切れのある音にしたいんですが、
弦を固いものに交換してもいいですか?」

私はいい傾向だなと思いました。

というのが、ギター初心者の方でも、
ギターの音にこだわりをもっていらっしゃることと、
自らギターを奏でる音色をいいものにしようという
前向きさを感じたからです。

やはりこのような生徒さんは上達が早く、
新しいことにもどんどんチャレンジしておられます。

これは教えている私もすごく嬉しく思います。

さて、この質問についてですが、
わたしはこう答えました。

「弦を交換しなくても切れのある音は出るんですよ!」

いったいどうすれば弦を交換しなくても、
切れのある音が出るのでしょうか?

そこで今回は、

『ギターの弦を弾く位置で音色が変わる!?』

というタイトルで、
ギターの弦を交換しなくても、
音色を変えることが出来る方法をお伝えします。

先程の生徒さんの質問で、

『切れのある音にするために、弦の交換をしたい』

という言葉がありました。

確かにギターの弦には細いものや太いものなど、
様々な種類があって、奏でたい音質によって
使い分けることがあります。

ギターの弦の種類については、
メルマガバックナンバーで詳しく説明していますので、
そちらを参考にされるといいと思います。

メルマガバックナンバーはこちら

⇒ ギター初心者に最適な弦の太さは?

弦の交換をすれば、太さなどが変わるため、
ギターの音色が違ってきます。

しかし、ギターの音色を変えるだけのために、
新しい弦を買ってきて交換するというのももったいない話です。

一度弦を外してしまうと、外した弦を二度とギターに
巻くことはできなくなってしまうからです。

ではどうすれば、弦の交換をしなくても、
ギターの音色を変えることが出来るのか?

それは弦を弾く位置を変えるのです。

ギター初心者の方はギターコードに集中するあまり、
右手の位置を意識しない場合があります。

しかし、右手の位置を意識してギターを弾くことで、
違った音色を楽しむことができるのです。

具体的に説明しますね。

ピックでギターを弾く位置として、ネックの最後方から
サウンドホール、ブリッジといった範囲があります。

この範囲の中で、よりネックに近い部分をピックで
弾くとギターが柔らかく、大きい音色を出します。

これは弦の設置場所(ブリッジなど)から遠い場所を弾くことで、
弦の振動する幅が大きくなり柔らかい音が生まれるのです。

一方、ブリッジに近い部分をピックで弾くと、
ギターが固く、小さい音色を出します。

これは弦の設置場所から近い場所を弾くことで、
弦の振動幅が狭く小さくなり、
しっかりとした音色が生まれるのです。

音質を変化させることは、
曲を演奏する中でとても重要なことです。

曲によって強調させたい場所では固い音を出し、
それ以外では柔らかい音を出すように、
意識をして音を作ることができるからです。

これによって曲全体の印象が全く違ったものになってきます。

また、この音質の違いは、
ギター演奏に対する気持ちによっても
変わってきます。

つまり、ギター演奏の時に気持ちがこもっていると、
自然に優しい音や力強い音になってくるのです。

そして、自然と弾く位置を変化させている場合があります。

ですからギターを弾く時には、
いろいろな場所を奏でて、音を楽しむと同時に、
気持ちを込めた演奏を心がけてみてはいかがでしょうか。

♪短期間でギターが上達する方法がありますか?
♪初心者でもラクに上達できますか?

★そんなあなたに朗報です!★

古川先生のギター講座。

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につく!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて