ギターを弾くとき立つ?座る?その違いは?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

ギター初心者の疑問・・・
『ギターを弾くとき立つ?座る?その違いは?』

Q.テレビで拝見する歌手の方は立ってギターを弾きます。
しかし、ギターを演奏する方はよく座ってギターを弾いていらっしゃいます。
違いはあるのですか?

(20代男性けいごさん)

ご質問ありがとうございます。

いい質問ですね。

始めはギターを座って練習をしていて、
立ってギター練習を始める場合には凄く違和感があって難しいです。

座ってギターを弾いているときはコードなどをきちんと抑えられていても、立って弾くと
別物と感じる場合も多いです。

しかし、立って弾くことが出来るようになると今度は座って弾くときに凄く楽に
ギターを弾くことが出来ると思うようになります。

バンドを組んでギターを練習されている方は、ギターを立って弾くことが
よくあると思います。

ですが、ギター本来の音色や、ギターの腕前を披露するというのであれば、
ギターは座って弾くことをオススメします。

ギターを弾くときに、メロディなどを弾いていると、
高音の部分(ギターの1弦の一番右側の部分)に手が届きにくいです。

座っていても届きにくいのに、立って弾くとなるとさらに届きにくいのです。

当然練習をこなすことで弾くことは出来るようになります。

しかし、本当にいい音色を出そうとする場合には、やっぱり、 
少しでも余裕を持って弾くことが出来るほうがよりよい音が出ます。

なので、ギターは座って弾くほうがいい音が出せるというわけです。

しかし、立って弾く練習もしておいたほうがいいのです。

なぜかというと、座ってギターを弾くときに、ギターの弦は1弦より6弦のほうが
上にあるので、低音弦を弾くと、どうしても右肩が上がりやすいというのがあります。

右肩が上がると、フォームが崩れたり、無駄な力が入ってしまいます。

これを防ぐためには、ギターを立って弾き、両肩の位置を同じに保つ必要があります。

それに、先ほどもいいましたが、
座ってギターを弾くときに、凄く楽に弾くことができ、
かなりのレベルアップを感じることができるのです。

ちなみに、ギターを立って弾くときには、『ストラップ』と呼ばれる、
ギターにつないで、肩からギターをかけるようにするものを使います。

長時間ギターを肩にかけていると肩に負担がかかることもあるので、
立って弾く、座って弾くを交互に繰り返すといいかもしれません。

立ってギターを弾くことで、さらにかっこよさは増しますよ。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて