ギターの掃除やお手入れについて


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『ギターの掃除やお手入れについて』

Q.ギター初心者です。ギターの掃除や手入れをするときにはどうやって
すればいいのでしょうか?

(30代男性)

A.

ご質問ありがとうございます。

ギターを使っていると、ギター各部に汗や手垢がつきます。

これをほっておくと、弦が錆びたり、
ネックの部分に手垢の膜などが出来たりします。

ギターを長持ちさせるためにも、弾き終わった後に
きちんと乾いた布で拭いて、汗や手垢をふき取りましょう。

どうしても時間がたつとギターの弦の下に埃がたまってきます。

弦があるので少し掃除しづらいですが、
弦と弦の間から布を滑り込ませたりしてきれいにしていきます。

そして、弦を張り替えるときにはきれいに埃をふき取っておきます。
  
弦の掃除についてですが、弦は湿らせた布で拭くと錆びてきます。

したがって、練習後に乾いた布で
いつもきれいに拭くことをおすすめします。

弦がさびてしまうと、音が伸びなくなったり、
切れやすくなったりしまからね。

フレットの掃除についてですが、毎回弾き終わったあとに
乾いた布で拭いていても、手垢が積み重なっていきます。

弦の交換の際に、タオルや布巾などで
フレットの間をしっかりふいて、手垢を取っておきましょう。

ネックが滑りやすくなり、
コードチェンジがスムーズに出来るようになります。

サウンドホールの中は、それほど埃がたまるということもありません。

下手に掃除をしてギターを壊してしまうことの
無いようにしなくてはいけません。

弦の交換の際に掃除機で軽く吸うくらいにしておきましょう。

ギターの保管についてですが、ギターを寝かした状態で保管しておくと
ネックの部分が曲がってしまう場合があります。

できればギタースタンドを用意して、ギターを立てかけておき、
ネックが曲がらないようにしておくことをオススメします。

そして、ナイロンや布巾などをかぶせて埃がたまらないように保管しておく
とギターが長持ちしますよ。

あくまでも簡単なお手入れを紹介しましたが、
更にギターを大切に、使いやすくするために、
ギター専用のオイルやクロスなどが販売されています。

これらを使って掃除やお手入れをすれば、弦が長持ちしたり、
演奏がスムーズに出来たりします。

ギターを大切にすれば、
ギターの音色もいいものに変わっていきます。

だんだんきれいになっていくギターを見るのも
わくわくするものです。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて