フォークギターの弦を巻いたあと、切らないといけないのですか?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『ギターの弦を巻いたあと、切らないといけないのですか?』

Q.ギターの弦を交換したのですが、ペグに巻いた弦の先が余っています。
   きれいに切り取ったほうがよいのですか?

(40代男性菅谷様)

A.

ご質問ありがとうございます。

初心者の方、ペグとは何か分からない方もいらっしゃると思うので、
ペグについて少し説明しておきますね。

ペグとは弦を張り替えるときに弦を巻きつけるねじのことです。

ギターのヘッドの横についている
糸巻きのようなものがありますね。

これをペグといいます。

ギターの弦をペグの上部の穴に通し、
ヘッドのサイドのねじ回しの部分で
弦が張られるように閉めていくのです。

それではお悩みの内容に戻ります。

ギターの弦を交換すると、弦の先が余って、

「ビローン」と長く垂れ下がってしまいます。

切らなくてもギターの音色に影響するものではありません。

切らないことにこだわっておられる方は切らないで結構です。

プロのミュージシャンの中には弦を切らないで
そのまま垂れ下がったまま演奏されている方もおられます。

例えばエレファントカシマシのボーカルの方などがそうですね。

ライブなどで目を引き付けるには有効だと思います。

ただ、やっぱり邪魔だったりしますよね。

弾いている時に6本もの弦にふらふらされては
気が散ってしまいます(笑)

身だしなみという意味でもきちんと切っておくのが良いでしょう。

ここで2点ほど注意してほしいことがあるのですが、
まず1点は、弦を切り過ぎないということです。

ペグで巻いた部分からスパッと切り取ってしまうと、
少しギターを弾いただけで巻いた弦が緩んで取れてしまいます。

例えば紐の結び目の付け根で紐を切ると、
結び目が解けてしまいますよね。

ギターの弦もそれと同じで、
弦を巻いた付近で切ると弦が解けてしまいます。

切りすぎて一度解けた弦は再度巻くには弦の長さが足りず、
巻けなくなります。

そして弦を1本無駄にしてしまうので気をつけてください。

弦を切るときには5mmほど余裕を持たせて切るようにしましょう。

もう1点は、切った後の弦の先で怪我をする場合があるいうことです。

ペグを緩めて弦を張り替えるとき意外に
ギターのヘッドの部分に手をかけることはそんなはありません。
  
しかしギターを弾いている途中に切った弦先に指をかすめたり、
服を引っかいて破いてしまったりということは
少なからずあることです。

切った後の弦先はペンチで内側に曲げるなどして、
被害にあわないようお手入れをしておきましょう。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて