ギター上達に爪の長さが関係する?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『ギター上達に爪の長さが関係する?』

Q.「ギターを弾くときには爪を綺麗にしておいてくださいね」と言われました。
  ギターを弾く時の爪の長さは演奏と関係あるのですか?

(20代女性坂井様)

A.

ご質問ありがとうございます。

ギターを練習しているときに
上達が遅い理由の一つとして挙げられるのが爪の長さです。

爪が長い場合、どうしても長い爪が邪魔をして
弦をしっかりと抑えることが出来ません。

どんなに力を入れて抑えても爪が邪魔をして、
弦がフレットに当たらないため綺麗な音が出ないのです。

これは女性に多く、意外に弾いている本人も
気が付きにくいのです。

爪を切ってしまえば楽に弾くことができます。

ですから爪を切ることをおすすめするのですが、
切ることをためらわれる生徒さんもいらっしゃいます。
  
「女性ですから、爪もきれいにお手入れをしたい」
「ネイルをしているので、爪を切ることはできません」

など、数多くの意見を聞きます。

女性にとって爪はおしゃれの一部でもありますからね。
  
もし爪を切ることができないというのであれば、
爪が長い状態での練習をする必要があります。

少し変なくせがついてしまう場合もありますし、
上達するにも少し時間がかかるかもしれません。

  
プロのギタリストとしては、爪は綺麗に切って
演奏することをおすすめします。

なぜなら爪を切ることは、綺麗な音色を奏でるためには
必要なことだからです。

しかし、音楽とは、音を楽しむもの。

爪を切ってギター演奏にためらいを持つくらいであれば、 
爪が長くても、自分で納得のいく演奏をした方が
楽しめるのではないでしょうか。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて