なぜ「C」コードはたくさん種類があるの?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『なぜ「C」コードはたくさん種類があるの?』

Q.
ギターコードの「C」にはたくさんの種類がありますよね。
なぜたくさんあるのですか?
また、初心者の私はどの「C」コードを弾いたらいいのですか?

(40代男性秋山様)

A.

ご質問ありがとうございます。

ご質問のように、ギターコード「C」には
違った押さえ方をする数種類のコードが有ります。

ちょっと紹介しますね。

例えば代表的な「C」が、

2弦の1フレット目と、4弦の2フレット目と、
5弦の3フレット目を押さえるものです。

これはほとんどのギターコード表で「C」として
扱われている一般的な押さえ方です。

次に、バレーコードを使った「C」です。

このメルマガはギター初心者の方に
上達していただくためのものです。

ですからあえて押さえ方を記載しません。

混乱してもいけませんので。

「F」のコードのように人差し指をぺたっと
寝かせたような押さえ方があると思っておいてください。

次に簡易版の「C」コードです。

これはギター初心者の方が「C」コードを押さえる上で、
一般的な「C」も押さえるのが難しいといった場合に
使われるコードです。

まさにギター初心者のための「C」コードですね。

ギター教本にたまに掲載されていますし、
私が監修をしたギター講座、

「30日でマスターするギター講座」

にも指一本で弾く、簡易版の「C」コードを掲載しています。

もし一般的な「C」コードも難しいという方は
私のギター講座を参考にされてはいかがでしょうか。

⇒ ギター初心者短期上達レッスンはこちら

ではなぜこのようにたくさんの
「C」コードが有るのでしょうか。

それは、ギターの弦には同じ音が沢山あるからです。

ギターの弦で『ド』の位置を調べると、

・2弦の1フレット目

・5弦の3フレット目

・3弦の5フレット目

など、数えればきりがありません。

これを『同音異弦』と呼びます。

もちろん他の音にしても
同じくらいの『同音異弦』が存在します。

これを組み合わせた和音でコードが作られていますので、
ギターコードが複数になるのは当然といえるでしょう。

『同音異弦』を理解することは
さらなるギター上達になります。

同じ音を探してみるのもいいかもしれませんね。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて