ピックの使い方「ピックの先っぽを持ってませんか?」


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

ピックの使い方
『ピックの先っぽを持ってませんか?』

前回は右手の使い方について、説明しました。

今回も右手に関連することで、「フラットピックの持ち方(使い方)」についてです。

まず初心者の方でよく見られる、ピックの持ち方なんですが、
人差し指も親指ものばして、先っぽでピックをつまんでいる方が
いらっしゃいます。

あなたはどうでしょうか?

ティッシュを摘むような感じで、ピックを持っていませんか?

実は、これは間違いです。

正しくは、(これ言葉で伝えるのが難しいのですが、)
人差し指を自分を指差すように第1関節、第2関節を曲げ、第1関節の
上あたりにピックをポンとのせて、その上を親指で軽く押さえて持ちます。

分かりづらいかもしれませんが、ピックを持つ人差し指は
曲げて、その上にピックを乗せる感覚です。

摘んではいけませんね。

そして、軽く親指で押さえる。軽くですよ。

決してギュッと持たないで下さい。

力を入れて持つと今度は弾くときに影響してきます。

「脱力」しておいてくださいね。

この持ち方で弦を弾くのですが、ここでも注意が必要です。

実は、初心者の方でストロークをする際に、
「どうも弦にピックが引っかかって上手く使えない・・・」

というお悩みは多いのです。

これには大切なコツがあります。

あなたも特にアップの時にピックが上手く滑らないなぁ・・・
とお悩みであればぜひ参考にしてみて下さい。

と、この話は長くなるので次回にご説明させて下さいね!

♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて