ギター練習で指先の痛みはどれくらいで治る?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

ギター練習で指先の痛みはどれくらいで治る?

Q.ギター初心者です。ギターを弾いていると指が痛くなります。
これってどれくらいで治るものなんでしょうか。
また、その後も続けることができるのでしょうか?

(20代男性高橋様)

A.

ご質問ありがとうございます。

ギター初心者の方にとって指が痛くなるというのは
バレーコードと並んで難関だと思います。

指が痛くてギター練習をしない。

そしてギター上達をあきらめてしまう。

しかし指先が痛くなってギターを弾かなくなると
いつまででも指先は痛いままです。

ギターの弦には種類があって、
やわらかい弦を使えば少しは和らげることができます。

しかしそれでもはじめは指が痛くなります。

もし指が痛くなったら、その日は
練習を終わらせるのがよいでしょう。

ここは考え方を変えて、指が痛くなるくらい
練習をしたと思えばよいのです。

それだけギターが上達したということなのです。

目には見えないほどの上達かもしれません。

ですが指が痛くなるほど練習したことで、
弦を正確に押える強い指先に変わっていきます。

初めてギターを弾いた時から3日ほどで
指先の痛みはなくなると思います。

そしてそこからまたギター練習をすると
また指先が痛くなると思います。

しかし今度の練習では、初めて練習を
したときよりも指先が痛い時間が短いと思います。

これを繰り返すことで、1時間ギターを
弾いても痛くならない指先に変わっていきます。

また、バレーコードでも同じことが言えます。

バレーコードは人差し指で
6弦すべてを押えるコードです。

ですから人差し指の内側の部分で
直接6本の弦を押えるようになります。

始めはどうしてもきれいに押さえることができません。

そして人差し指の内側の部分も
痛くなります。

しかし練習を繰り返すことで、
人差し指の内側も硬くなっていきます。

そしてバレーコードが正確に
押えられるようになっていきます。

大事なのはギター練習を続けるということです。

練習を続ければ続けるほど、
指先は痛くなくなってくるものです。


♪指が痛くならないですむギター練習方法はありますか?
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク