ギターのタッピング奏法ってどんな奏法ですか?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

ギターのタッピング奏法ってどんな奏法ですか?

Q.ギター演奏を見ているときに、
   弦を右手の指先で押さえて弾いている方法がありますよね。
   タッピング奏法っていうみたいですがどんな奏法なのですか?

(30代男性佐久田様)

A.

ご質問ありがとうございます。

なかなかギター巧者のご質問ですね!

ギターの演奏を見ているときに、ギターのボディを叩いたり、
指板を叩いたりして音を出すことがあります。

指板・・・ネックの表面のことで、弦やフレットなどがある、
      右手でギターコードを押さえる場所。
      別名:フィンガーボード

その中で、左手(ピックを持つ方の手)の人差し指や中指で
指板の弦を押さえて音を出す方法があります。

これをタッピング奏法といいます。

分かりにくいかもしれないので、
もう少しわかりやすく説明しますね。

ギターを弾く時に、左手はギターコードを押さえたり、
ギターソロのように、フレットの間の弦を押さえたりします。

右手はピックや指を使って弦をはじいたりします。

これが一般的はギターの演奏方法ですよね。

しかしその中で、左手はいつもどおり
ギターコードやフレット間の弦を押さえますが、
右手もフレットの間の弦を押さえたりすることがあります。

この時の右手はピックを持たず、人差し指や中指で、
弦を叩くように押さえて音を出します。

これがタッピング奏法なのです。

ギター初心者にはタッピング奏法は難しいと思われがちですが、
やってみるときちんと音が出たりして楽しめる奏法です。

ですから、ギターコードが押さられるようになったら、
ピックでストロークを弾いているところを
すべてタッピング奏法で弾いてみるのもいいかもしれません。

また一味違った音を奏でることができますよ。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク