ピックが途中でひっかかる?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『ピックが途中でひっかかる??』

前回は「フラットピックの持ち方」を説明しましたね。

今回はそのフラットピックの使い方についてお話します。

私のギター教室の初心者の生徒さんが

「先生、上からピックを弦にあてて弾き下ろすんですけど、
  途中で、ピックが弦にひっかかって止まっちゃうんですけど」

と、言われるんです。

どれどれとその方の弾き方を見て、なるほどと思いました。

確かに私は

「ピックの先を弦に垂直に当てましょう」と教えました。

その生徒さんは確かにそうされていました。

しかし、これは私が言葉足らず、説明不足でした。反省です。

原因はピックを当てる上下の角度にありました。

弦を弾き下ろす(ダウンストローク)場合、
ピックの先を少し上向きにして弦に当ててください。

弦を弾き上げる(アップストローク)の場合、
ピックの先を少し下向きにして弦に当ててください。

そして、どちらの場合も手首を返して、
ピックの先で弦を擦るようにして弾いてください。

この説明が抜けていました。

ですから、弦にガッガッガッガッとひっかかるようになって、
ついには止まってしまっていたんですね。

手首は力を入れ過ぎないようにするのが「コツ」です。

スカす感じで弾いてみてください。

「スカす」つまり力は決して入っていません。
これがポイントです。

フニャフニャになるほど力を抜いてはいけませんが、
適度に「脱力」して弾いてください。きっとキレイな音が響きますよ。

力が入るとピックが深く弦に入ってしまって、
これもひっかかりの原因になりますから注意しましょう。

なかなか文章では伝わりにくいかも知れませんが
お分かりいただけたでしょうか?

もし、「分からない!」とお思いの方は
こちらで映像をご確認いただけます。

♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて