楽譜を見ながらのギター演奏が難しいのですが・・・


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

楽譜を見ながらのギター演奏が難しいのですが・・・

Q..
いつも楽しくメルマガを拝見させていただいております。
ギター楽譜を見ながら練習をしている時に、楽譜から目を離して、
ギターの押さえる指を確認後にまた楽譜を見ると、楽譜の何処を
弾いていたのか分からなくなります。

記憶をしていればいいのでしょうが、楽譜のすべてを記憶しながら
というのはちょっと難しいです。 何かいい方法がありましたら、
教えていただきたいと思います。

(40代男性江川様)

A.

ご質問ありがとうございます。

楽譜を見ながらの練習でよく戸惑うことが2つあります。

1つ目はギターコードが、タブ譜にある6本の線のどの位置を
押さえているのかということです。

2つ目は、楽譜には曲に合わせてギターコードがズラッと並んでいて、
一度目を離すと、どこのギターコードを弾いていたのかわからなくなる
ということです。

今回ご質問を頂いた方は、2つ目のことに関しての質問だと思います。

どちらも楽譜を使った練習ではよく戸惑うことなので、
練習のしやすい方法をご紹介したいと思います。

まず1つ目の、

『ギターコードが、タブ譜にある6本の線の
どの位置を押さえているのか』

についてです。

例えば、『Am』というコードが合ったとしましょう。

『Am』のギターコードは次の位置を押さえます。

1弦|------------|------------|------------|
2弦|-----●-----|------------|------------|
3弦|------------|------------|------------|
4弦|------------|-----●-----|------------|
5弦|------------|------------|------------|
6弦|------------|------------|------------|
1フレット  2フレット  3フレット

このメルマガのギターコードは、見やすいように大きく
記していますが、書店で売られている楽譜の中には、
小さくて見づらいものもあるかと思います。

さらに、初心者用の教本や楽譜でなければ、
左に1弦から6弦までの表記もありません。

ですから特に何処を押さえるのかわかりにくいです。

このギターコードの図の中で、1フレットの●の位置は、上から
2番目なので、押さえる位置としては確認がしやすいと思います。

しかし2フレット目の●の位置は、1弦から6弦までの表記がないと
確認しずづらくなります。

ギターコード『FM7』を例にあげてみました。

|------------|------------|------------|
|-----●-----|------------|------------|
|------------|-----●-----|------------|
|------------|------------|-----●-----|
|------------|------------|------------|
|------------|------------|------------|
1フレット  2フレット  3フレット

いかがでしょうか。

左の弦表示がないと、押さえる位置が
ちょっと分かりにくくなってしまいます。

ですから、楽譜や教本を選ぶときに、
弦表示があるものを使って練習をするといいと思います。

次に2つ目の

『楽譜にはギターコードがズラッと並んでいて、
一度目を離すと、どこのギターコードを弾いていたのかわからなくなる』

という問題についてです。

曲は様々なギターコードが合わさって出来ているものです。

ですから、曲を弾いていると、絶えずギターコードが変わるのは
当たり前のことです。

特にギター初心者の方の場合、ギターコードをすべて
把握しているというわけではありません。

ですから、楽譜に出てくるギターコードは、

『確認しては演奏』

を繰り返す練習になってしまいます。

これを防ぐ為には、曲のメロディの部分と、サビの部分を把握して、
その位置がどんなギターコードで構成されているか、
頭で把握していないといけません。

これが十分でないから、一旦楽譜から目を離すと、
何処を弾いていたのかわからなくなってしまうのです。

ではどうすれば
曲をしっかりと聞いて、どのようなギターコード構成になっているか、
把握して練習をするといいと思います。

今回のご質問のように、本などを確認しながらのギター練習は
何かと不自由がでてしまいます。

ちょっと宣伝になってしまいますが、
私の監修しているギター講座

『30日でマスターするギター初心者上達法』

は、DVDをを見ながらのギター練習になっていて、
ギターコードがテレビ画面に表示されるのです。

それが曲にあわせてコードを変化させていくという、
とてもスムーズに、間違わずに練習することができるものになっています。

もちろん1弦から6弦までの弦表記もされていますので、
何処を押さえていいのか迷うこともありません。

この教材にも楽譜はついていますが、楽譜を見なくても、
ギターコードの練習が簡単にできるようになっています。

ですから、練習の途中で手を止めてしまうということが
ないので、迷うことなくギター練習ができるのです。

だから上達も早いというわけです。

30日でマスターするギター初心者上達法はこちらです。

ぜひお手にとってみてくださいね。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて