8(エイト)ビートストロークって?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『8(エイト)ビートストロークって?』

以前、ピックの使い方で「ダウンストローク」「アップストローク」
という言葉が出てきましたが、

先に「8ビートストローク」について説明しておかないと
いけませんでしたね。

少し話が前後してしまいました。

まず、「拍」というものを説明しますね。

よく音楽では「4拍のばしましょう」とか言いますよね。

この「拍」なんですが、「1、2、3、4」と手拍子を打ちながら
歌を歌って見られたらよくわかります。

例えば、「線路は続くよどこまでも」で歌ってみてください。

せーーんろはつづくーーーよーーーどーーこまーでーもーーーーーーー
1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4

この「1、2、3、4」の1つ分が「1拍」です。

たまに「1拍は何秒ですか?」と質問される方がいらっしゃいますが、
何秒ということではありません。

そして「1、2、3、4」「1、2、3、4」と4回が1セット
になっているものを「4拍子」と言います。

では、この「1、2、3、4」の1拍の中に
2回ずつ音を出すとどうなるでしょう?

4×2=8回音がでますね。

これが「8ビート」です。

ちなみにそのまま「1、2、3、4」で4回音を出すことを
「4(フォー)ビート」といいます。

続いて「ストローク」ですが、これは単純に「弾き方」という意味です。

つまり「8ビート」で「弾く」ことを
「8ビートストローク」と言います。

この時にダウンストローク・アップストロークを1拍の中で
弾くようにします。

これで1拍の中で2回音を出すことになりますね。

これを続けて、ダウン・アップ・ダウン・アップ・ダウン・アップ・・・
と弾いていきます。

ここで以前お話したアップストロークが出てきます。

手首をやわらかく使い、ピックの上下の角度に注意して弾いてみてください。

私の「30日でマスターするギター講座」では、
今ご説明した「拍」や「8ビートストローク」について
詳しく説明しています。

やはり音楽は音がないと難しいですよね(笑)

映像で解説しているので、ギター初心者の方は
ぜひ、ご覧になってみてください。


♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンクについて