ギター初心者はどんな楽譜を選べばいいの?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『初心者はどんな楽譜を選べばいいの?』

楽器屋さんに行っても、
「どの楽譜で練習すればいいのか分からない」

という初心者の方は多いと思います。

ではまず、楽譜の種類について説明しましょう。

楽譜の種類は

「バンドスコア」

「歌謡曲集」

「弾き語り」(ギタースコア)

大きく分けてこの3つです。

「バンドスコア」についてですが、これは
バンドをされる方に必要な楽譜です。

この楽譜にはアコースティックギター、エレキギター、
ベース、ドラムなどの楽譜が記入されています。

ですからバンドスコア一冊あればバンドができるという本になります。

一応ギターコードの記入もされています。

続いて「歌謡曲集」です。

これは楽器店ではなく、書店の音楽雑誌の並ぶ位置に
置かれていることが多いです。

分厚く、楽譜ばかりの構成になっているので見つけやすいでしょう。

歌の掲載量については一番ですが、五線譜やストロークが
記入されていない歌も多いので、ギターを弾きなれた方でないと
難しいかもしれません。

最後に「弾き語り」についてですが、
五線譜、ストローク、アルペジオなどアコースティックギター専用楽譜
といってもいい内容の本です。

実際には「弾き語り」が一番分かりやすいのですが、
それでも初心者の方には難しいものです。

初心者の方は、まずはこの弾き語りの楽譜と、コード表を並べて
「えーっと、Cは・・・」とコード表からコードを拾って
1つずつ弾いていく、というやり方が良いでしょう。

かなり面倒ではありますが、楽譜的には弾き語り用が
比較的カンタンなので。

でも、それすら面倒・・・という方は、
私のギター講座「30日でマスターするギター講座」で
使っている楽譜のようなものがおすすめです。

ドレミが読めなくても、タブ譜が読めなくても
弾けてしまう初心者向けの楽譜です。

歌詞の下にすぐコード表がついているので、
楽譜を見てコード表を見て・・・という手間がありません。

歌いながらどこを押さえるのかも一目で分かるとラクですよね。

さらに、初心者向けに押さえやすいコードを使って名曲を
弾けてしまいます。

そのような作りなら、とても初心者のことを考えていると思います。

もし、市販本にそのような便利な楽譜がないようであれば
私のギター講座もご検討頂けると嬉しいです(笑)

♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク