カポタストって何?


ギター初心者TOP > メールマガジン > ギター初心者の疑問バックナンバー > 初心者の疑問

『カポタストって何?』

Q.ギターの本によく『カポタスト』という道具が出てくるんですが、
あれは一体何でしょうか?

(40代男性 もりおさん)

ご質問ありがとうございます。

“カポタスト”は確かによく耳にされると思います。
使わなくても良いのですが、使えると便利かもしれませんね。

カポタストは、ネックと弦の1フレット分を挟んで
工具で留める部品のようなものです。

フォークギターで弾き語りをしようとすると、よく
このカポタストが登場します。

ちょっと簡単に説明したいと思います。

もりおさんはFのギターコードをご存知でしょうか?

Fのコードって人差し指ですべての弦を押さえていますよね。

カポタストは、Fのコードのように
全ての弦を押さえてくれる部品なのです。

でもここで問題が出てきます。

それは、指は自由に動かせて押さえる場所を変えられるけど、
カポタストは動かせず、固定したままということです。

実はカポタストは、「簡単にFのコードを押さえられる部品」
ではありません。

「これさえあればFも楽々押さえられる~♪」
と思ってしまったなら、申し訳ありません。

何かといいますと、少し思い出してみて頂きたいのですが。

弾き語りや、カラオケで歌を歌うときに、
原曲のキーだと音が高すぎる、低すぎる、など
不便を感じたことはありませんか?

自分の声の音域と、曲の音域が合わずに、歌えない曲なども
あると思うのです。

そんな時に、カラオケならリモコンでピピっと
キーを上げたり下げたりします。

それを、実はギターでも出来るのです。

つまり、あなたの歌声に対してキーが低いギター音を、
カポタストをはめて調整しようというものなんです。

楽譜を見ながら曲を弾いたとき、
あなたの歌声と曲との音程が合わないことがあるかもしれません。
そんな時、カポタストを使ってキーの調整をすることで
あなたの歌声に合った曲を奏でることができます。

カポタストの役割はもう一つあって、少し難易度が高いものです。

それは、ギターの楽譜を見て、人差し指を使ったコードばかりが
並んでいるものだったとしましょう。

こんなときもカポタストを使ってやれば、
簡単なコードだけで弾くことができるようになるのです。
少し難しかったでしょうか。

もしお時間とカポタストを手にすることがあれば、
カポタストを弦にはめて曲を奏でてみてください。

カポタストの特徴を実感できると思います。

カポタストを使うことによって、また一味違った
ギターの楽しみ方を手にすることができるのです。

♪ギターをカッコよく弾いてみたいな
♪そんなに必死に練習しなくても弾けるようになりますか?

★そんなあなたに朗報です!★

「音楽の知識なんて全く無い!!」
「いまさらギターなんて弾けるかどうか不安」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には気持よく弾き語りができる!!
さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

古川先生の楽しいギター講座を、動画付きでご覧頂けます。

ギターが上達するヒミツはこちら

⇒ギター初心者短期上達レッスンはこちら



HOME - お申し込み - メールマガジン - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - お問い合わせ - サイトマップ - リンク